Skip to content

選べるキャリアパス

インフラエンジニアとしてのキャリアパスを進む魅力として、将来的に大きく二つの選択肢を選ぶことができるという点があります。インフラ系の仕事としてネットワークやサーバー等の構築を現場で行うのが入り口となっています。設計された最新のインフラシステムの構成についての理解を深めると共に、その際に用いられるネットワーク機器等の取り扱い方について習熟することができることから、キャリアの最初の時点で広い範囲の知識や経験を育むのに適しているのです。

そして、現場経験を十分に積んだ人材が進むキャリアパスとして、そのインフラシステムの開発や設計を担いながらプロジェクトの管理も行う道と、既に構築されたネットワークシステム等の維持や管理、保守等を行う道とがあります。iT系のエンジニアの仕事では開発の仕事は主に若手に委ねられることが多いものの、インフラエンジニアの場合には既存のシステムに関する膨大な知識と経験とが必要とされることから、後になっても携わることができるということが特徴です。発想力を重視して開発に挑むよりも既存のシステムをよく吟味してより良いものを生み出すことを考える方を好む人にとっては魅力的な開発現場になっています。また、それを目指してきて自分の適性に合わないと感じた場合にも維持や管理の仕事で活躍していくことが可能であり、将来的にいくつもの重要な仕事に携わっていくことができるキャリアパスとなるのです。

(関連)
インフラエンジニアの将来性とキャリアパスについては>>>http://infrastructureengineer-careerpathinstitute.com

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です