Skip to content

論理的な問題解決能力

インフラエンジニアの業務内容には、設計されたネットワークシステムやサーバー等を現場に設置してインフラの構築を行う業務があります。このプロセスはインフラ系のエンジニアとなる際には必ず通るキャリアパスであり、現場で直接ネットワーク機器やサーバー等に触れることによってその理解を深めていくことができます。こういった経験を通して学んだ最新のインフラシステムの状況をもとにして、開発や設計に携わったり、維持や管理を担ったりする仕事場に移っていくのが基本的なキャリアパスです。

既存の知識や技術をもとにしてよりよいものを生み出したり、安定的なシステムを維持していくことがインフラエンジニアの使命であることから、その職場で求められている人材は突然の発想や機転によって革新的なシステムを生み出せる能力を持つよりも、確かな知識と経験を積み上げて論理的に物事を考えられる能力を持つ人となっています。機転が利くことは未経験の障害発生時において役立ち、革新的な発想を持つことは新しいシステム開発において有意義ではあり、有していて損をする能力ではありません。しかし、既に知られている問題について正しく理解し、これまでに経験されている問題と類似した現象が起きた場合にはすぐに対処できる力や、その問題が発生してしまうシステムの欠陥点を見つけてよりよいものを生み出すことができることの方がインフラを担っていく上では重要な視点となるのです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です