Skip to content

有力なキャリアパス

インフラエンジニアとして企業に就職してその基礎を学ぶ際には、現場経験を積むことができるというメリットがあります。多くの若手のエンジニアはその豊富な体力と教育の必要性から、ベテランのエンジニアが設計したシステムをクライアントの要求に従って現場で構築するという作業を行う人員として起用されることが多く、実際の情報機器の搬入や設置を行いながらその性質について理解していくことができます。インフラとして用いられるシステムでは、ネットワークやサーバーを用いるのが基本となっていることから、それらに関わるハードからソフトまでの知識を一通り得ることができるのがインフラエンジニアとして仕事に就くメリットです。

そういった知識と現場経験は、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニアとして転職するためのキャリアパスとして適切であり、ネットワークシステムの管理やサーバーの維持、それらのトラブル対応といった仕事にエンジニアとして携わっていくことができます。主要なネットワーク系の企業では特にカスタマーサービスや営業活動を行うエンジニアの不足に嘆いていることが多く、ただエンジニアとしての技術力を発揮したいという気持ちだけではなく、それを用いて顧客との間で活動していきたいという人には転職の道は広く開かれています。また、一般企業における社内情報システムの管理を行うエンジニア職も有望な候補であり、よく選ばれるキャリアパスの一つです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です