Skip to content

年収の高さと仕事内容

iT業界で働くエンジニアは、その高い技術力の必要性とトレンドであることによる需要の高さから他の職種に比べると高い年収が得られる傾向にあります。現場で働くエンジニアの中でも比較的平均年収が高いのがインフラエンジニアであり、現場で働き続けられる実質上の定年が高いことからも安定して高い収入が得られる選択肢として人気が高いキャリアパスです。

その平均年収の高さは仕事としての重要性に由来している部分が大きく、能力の高い人材が求められている傾向が強いことにも起因しています。情報技術を社内で活用することが一般的になっていることから、そのインフラとなるシステムが安定していることは企業にとっては命綱であり、その障害が発生しないことが前提になって日常的な業務が行われています。そのシステムを維持しているのがインフラエンジニアであることから、企業としても人材に投資をしてできるだけ安定した状態を保って欲しいと考えるのです。その結果として高い年収設定がなされていることが多くなっています。

しかし、24時間体制で監視をしたり、年末年始にも管理を行う必要があったりする現場もあり、仕事の大変さもあっての高収入ということになっているのも事実です。その反面、障害発生の予防が機能している限りは一刻を争うようなトラブル対応に追われてしまうこともなく、体力的な負担も小さく安定して仕事を行っていけるというメリットもあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です