Skip to content

重要性の高いインフラエンジニア

インフラエンジニアはインフラとなる情報システムを導入している企業にとっては生命線となるシステムを維持することを担う役割を果たすため、他のエンジニアに比べても高い給料で雇うことが典型的となっています。社内SEとして雇ってインフラの維持や管理も任されるということも一般企業ではよく見られる状況ですが、その場合においても一般的な社員に比べるとエンジニアとしての付加価値の分だけ高い年収になるというのが通常見られる傾向です。

iT系の企業だけでなく、広く一般企業からの需要があることからキャリアパスとしてインフラエンジニアに最終的になることを考えることも多くなってきており、システムエンジニア等として開発を担ってきた人もネットワークやサーバーについての知識をつけてインフラ系の仕事に携わることを目指す傾向があります。インフラエンジニアは仕事口が広いだけでなく、最前線での活動が維持や管理といった経験や知識といったものが重要視される仕事であるため、定年退職の時期まで働き続けることができます。そのため、システム開発の最前線のように若くして現役を退かなければならないという状況に立たされることがなく、キャリアパスの後半におかれることが多いのです。しかし、年収の高さにおいてはプロジェクトマネージャー等の上位職に比べると劣ることから、より高い年収を目指す人は管理職を目指すキャリアパスを歩むことが多くなっています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です